キャノンEOS kiss Mでタイムラプス撮影にチャレンジ!

カメラの話題

こんにちは、すけ氏です。今回は人気ミラーレス一眼カメラ、EOS kiss Mでタイムラプス撮影を楽しむ方法を紹介します。

タイムラプス動画とは?

その前にそもそも「タイムラプスってなんだ?」という人も多いと思いますので、お見本として、Youtubeに公開されてるキャノン公式動画を見てみましょう。

EOS Kiss M タイムラプス作例動画(4K)
〔キャノン公式〕EOS Kiss M タイムラプス作例動画(4K)

どうでしょうか?コマ送りみたいで面白いですよね!タイムラプスの原理は単純、要は一定間隔で撮影した写真を使ったパラパラ漫画みたいな動画です。

管理人すけ氏
管理人すけ氏

EOS kiss Mでは、一定の間隔で撮影した静止画をつなげて4K/フルHD動画として記録・再生することができます。

うぱ君
うぱ君

例えば、3秒間に1枚の間隔で撮影した300枚の静止画を10秒間(1秒30コマ)のタイムラプス動画にしたら、15分の時の流れを10秒に圧縮した面白い動画が完成するよ。

タイムラプス撮影の仕方

必要な事前設定

EOS kiss Mでタイムラプス撮影をするには、まずモードダイヤルを「動画撮影」に合せて動画モードに入り、右下のメニューボタンを押して設定メニューを呼び出します。

動画モード>設定メニュー>撮影設定に入ると(写真1)、メニュー欄下部にデフォルトで「タイムラプス動画 しない」となっている箇所があります(写真2)。ここがタイムラプス動画の設定メニューです。

「しない」となっている所をさらにタッチすると(写真3)、「しない」「シーン1」「シーン2」「シーン3」「カスタム」という選択肢を選べます(写真4)。

「歩く人など動きがある被写体を撮影するのに適した“シーン1”(写真左上)」
「雲の動きなど変化の遅い被写体を撮影するのに適した“シーン2”(写真右上)」
「ゆっくりと変わる風景を撮影するのに適した“シーン3”(写真左下)」
以上、3つのプリセット設定で撮影可能。

また、「カスタム」(写真右下)を選べば、 「撮影間隔1~30秒/撮影回数30~900回」の範囲内で自由に設定して、最大30秒のタイムラプス動画を撮影することが出来ます。

他に設定可能な項目は自動露出「1枚目固定/毎フレーム更新」、モニター自動消灯「する/しない」など。

長時間モニターつけっぱなしで撮影するとバッテリー消費が激しいので、モニター自動消灯は「する」のがおススメです。

タイムラプス動画を撮影する

以上のような事前設定が終えると、液晶モニター左上にタイムラプスのマークが表れます。これが表示された状態で録画ボタンを押せば、タイムラプス撮影が開始されます。

ちなみに、動画を撮影する「録画ボタン」はこちらです。通常の写真撮影に使用する左隣のシャッターボタンを押しても動画撮影はできないので注意しましょう。

タイムラプス撮影に必要な道具

さて、 EOS kiss Mでは以上の手順でタイムラプス動画を撮影できますが、これがあればタイムラプス撮影が劇的に楽に…というより、これなしではタイムラプス撮影は無理!な道具が三脚です。

タイムラプス撮影は10秒の動画を作るのに15分、30分、場合によっては1時間かけることもあります。その間、カメラをずーっと手持ちしたら腕プルプルになってしまいますし、カメラをしっかり固定できなければ映像がブレブレになってしまいます。セットしたら放置できる三脚は必須アイテムです。

うぱ君
うぱ君

三脚はこれじゃなきゃダメなの?

管理人すけ氏
管理人すけ氏

いや?マンフロット製を紹介したのは単なる趣味。白い“kiss M”に白い“PIXI EVO”は映えるよね!っていう…それだけ。

タイムラプス撮影はカメラを三脚にセッティングして構図を決めたら、基本そこから動かさずに撮影します。従って三脚はカメラをきちんとホールドできれば十分、高額品は不要です。

タイムラプス撮影はアイデア勝負

さて、撮り方が分かったら後は「何を撮るか?」ですが、ここはもうアイデア勝負です。この記事の最初に紹介したキャノン公式動画の題材は“スクランブル交差点”でしたが、定番ネタとしてはこんなものがあります。

メイキング系:レゴやプラモデルの組立や料理の手順など、何かを作る様子を最初から最後まで映像化。1つのものが完成するまでの流れを分かりやすく、見る人に伝える。

自然系:例えば日の出や日没、雲の流れなど、一見変化がない様で実は時と共に刻々と変化する自然の営みを撮影。セミの羽化やアリの巣の様子などの観察系も面白い題材です。

人や街の動き系:人や交通量の多い場所をタイムラプスで撮ると、一見乱雑な人々や車の動きに法則性が見えてくる面白い映像を撮ることができます。

まとめ

以上、EOS kiss Mでタイムラプス動画を撮影する方法の紹介でした。特殊で敷居が高い撮り方と思うかもしれませんが、設定さえ分かれば面白い動画を撮りやすい、実は初心者向きの撮影方法です。

EOS kiss Mで撮影できるタイムラプス動画は、カスタム設定しても最長30秒。もっと長いタイムラプス動画を撮れるGoPro等と比べると、実はその機能はかなり限定的ですが、タイムラプス動画は短い再生時間でもインパクトを出しやすく、完成動画の再生時間が短ければファイル容量的にも小さく済むのでSNSシェアにも適しています。

大変面白い機能ですので、是非使ってみて下さい。

うぱ君
うぱ君

ちなみにすけ氏はどんなタイムラプス動画撮ってみたの?

管理人すけ氏
管理人すけ氏

我が家のちびすけ君の「寝相悪いぞ動画」。プライベートモノだから公開はできないけど、30分でベット上を1周するくらい寝返りしてて笑っちゃったよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました