千葉県内房の保田港「国丸」から東京湾口で青物狙い“ライトタックルの落とし込み釣り”

釣りの話題

こんにちは、すけ氏です。
九州・玄界灘を発祥として、関西方面で人気の「落とし込み釣り」が東京湾でも出来る、しかもPE2号錘40号のライトタックルで!と聞いて先週土曜日に千葉県内房は保田港の国丸へ行ってきました。

落とし込み釣りとは?

海で釣りをしていると針に掛かった小魚に更なる大型魚が喰いついて…と、胸アツな展開がよくありますが、こういった食物連鎖を利用して大物を釣る方法がいくつかあります。今回の「落とし込み釣り」もその一つ。太いサビキ仕掛けに小魚を喰わせ、そのまま大型魚が居る処まで“落とし込んで”釣る釣法です。

管理人すけ氏
管理人すけ氏

以前、玄界灘の青物を落とし込み釣りで釣ってるTV番組を視て、面白そうだから関東でも出来ないかなぁ?って思ってたんだよね。

保田出船でライト落とし込み釣りをしている釣り雑誌社発信のYoutube動画を見つけ、この動画でイメージトレーニングをしてから行ってきました。

釣れ模様

当日は5時に港集合で5時半出船。港を出てすぐ最初のポイントではサビキ仕掛けに中々小魚が付かないなぁ~と焦れている間に、船中トモ側でいきなりワラサクラスが上がります。どうやら青物の気配は濃い感じです。

次のポイントでは竿先にブルブルブル…とサビキに小魚が付いた感触が伝わって来ました。当日は小魚が付くタナと青物が喰ってくるタナが同じ水深35m付近だったので、落とし込み釣りですが落とし込まずにそのまま待っていると、ギュギューン!と竿先が引き込まれてイナダゲット

当日は新調したグラス製のライトロッドを使いましたが、40号錘でも竿先はしっかり入り、それでいてイナダ程度なら難なく揚げられてよい感じでした。

エサとなる小魚、特に小アジがサビキに付くとその後程なく竿が入るので青物はかなり魚影が濃い、あるいは活性が高いようです。しかし飲ませ釣りの宿命でもありますが、完全に食い込んだと思ってもすっぽ抜けは結構ありました。

しばらくすると予報で心配の種だった北風が強くなって海がバタバタして来ます。風に逆らってポイント移動すると「遊園地のフライングパイレーツかな?」といった揺れ具合に。まぁでも上下動って意外と酔わないんです(ローリングが入るとヤバい)。船長さんの操船も上手でした。

強風の海上でのんびりと釣果写真を撮っている余裕がなかったのですが、同行した釣友と一緒に10匹前後の良型イナダを仕留めることが出来ました。これはワラサか、あるいはカンパチか?という強烈な締め込みも何度かありましたが、すっぽ抜けやら、お祭りやらで顔は拝めず。

今回の成績(☆☆★★★)

初のライトタックル落とし込み釣りは釣果十分で楽しかったですが、ワラサ・カンパチが獲れなかったので★-1、後半戦で色々準備不足や技量不足が目立ったので★-1の☆☆★★★評価。

【釣果】イナダ45~55cm×10匹(2人分合計)

【釣魚料理】刺身、イナダのユッケ、ブリ(イナダ)しゃぶ、イナダフライ、イナダのから揚げetc.

【タックル・仕掛】
ロッド:アマノZEALOTインフィニティライト195H
リール:シマノ フォースマスター400/バルケッタ150HG PE1.5号200m
仕掛:ハヤブサ ライトタックル 落し込み(全長1.8m 4本針 幹糸8号)
錘:40号(船宿指定号数)
(※PEは出来れば2号の方がおススメ。1.5号でも単独ファイトなら問題なく魚獲れますが、お祭りしたり船底擦れには弱くなります。)

【エサ】寄せエサに船宿支給のアミコマセ

【費用】 乗船料10,000円

反省点

  1. 釣行日までに船宿指定FLサイズのサニーカゴを調達できなかった。まぁ買いに行った釣具店で売り切れてたのが直接の原因ですが、規定的に小さい分には問題なかろうとスリムサイズを使ったら、当日は潮が速くてコマセの持ちが悪く、その分小魚の寄りも悪かった。
  2. 持参した仕掛け3枚ではとても足りなかった。まぁこれも行った釣具店に在庫なかったのが原因ではありますが、ケチらず船宿で買い足せば良かった
  3. 仕掛けが足りず、急遽船上で組んだ自作仕掛けの針結びが甘く、大物逃し3連発
うぱ君
うぱ君

おいおい仕掛け自作って、落とし込み釣りだろ?まさか船上でサビキ仕掛けを自作したのか?

管理人すけ氏
管理人すけ氏

まぁライトタックル用ってことで元々ハリ数少ないし、さらに1本減らして3本針にしてワームバケでも刺しとけば市販品と大して変わらんだろと…。でも正直、小針に太ハリスを結ぶ難しさをナメてました。大物掛けたら針とれちゃった…。

ちなみに釣ったイナダを捌いたところ、10cm前後の小アジを偏食してました。当日サビキには小アジと小イサキがよく付きましたが、青物の反応も小アジ>>>>>小イサキ>それ以外(スズメダイetc.)といった感じで、小アジが付くとすぐズドン!でした。

〔おまけ〕お土産調達

魚はたっぷり釣れて特に買うモノもなかったのですが、帰り道は金谷港フェリーターミナル横のお土産店やらレストランやらの複合施設THE FISHに寄って行きました。ここは活気があって毎度つい覗いてしまいます。

そして館山道富津中央ICからすぐの宮醤油店にも寄って来ました。ここは江戸時代から180年続く醤油蔵で、味も格別なので料理好きや魚好きの人は是非。一部界隈では竹岡式ラーメンを作る時の醤油としても有名です。

コメント

  1. ヨッシー より:

    当日、反対側のミヨシでした親子です!
    ライトの落し込みは視覚的にも引きもたのしいですね!!
    小アジがある程度着くうちは、落し込み釣りが続くと思いますので、またご一緒になりましたら宜しくお願い致します!!

    翌週、カンパチ3.8㌔あがりました👍

    • すけ氏 すけ氏 より:

      どうも当日はお世話様でした!お子さん船に慣れてて、いい子でビックリでした。そのうち我が家のチビ君もデビューさせたいですが、ビビリなので何時になるやら?またお会いしたら宜しくお願いします!

  2. ヨッシー より:

    こちらこそ宜しくお願い致します!

    これから水温も下がってきてアジの食いも渋くなってきますので、もし今シーズン行くことがありましたら
    幹糸3号、ハリス1.5号くらいのアジサビキ仕掛けも用意しておくといいですよ!

    とにかくアジがいないと青物釣れないので😅

タイトルとURLをコピーしました